引っ越し費用を安く済ませたいなら見積もりを出してもらうときにやるべきこと。

2019-06-15

引っ越しをしようと思ったら。

とりあえず善は急げでありとあらゆる引っ越し業者に見積もりを出す必要があることくらいはもう皆さんご存知ですよね。

じゃあ何も知っている情報を検索する暇はないでしょう。

一つでも多くの荷物を片付けるべきです。

しかし、もしその見積もりを出すというアクションにもコツがあるとしたらどうでしょう?

しかも面倒くさい手間もかからずに1〜2万安くなるなら…?

ちょっと足を止めてみたくなりますよね。

ということで今日は引っ越し費用についてのお話を。

move-ready2016

引っ越し費用を抑えるための業者選びのコツ。見積もりをお願いするときのワンポイント。

一括見積り請求って知ってます?

今は生命保険やら専門学校やらとにかくなんでもかんでも一括まとめて資料を請求できるんです。特に保険系はとても便利ですよね?同じ条件で各社見積もりを出して送ってきてくれるんだから。

今回の引っ越しも然り。

とりあえず一括見積もり請求をしてみましょう。

あとは向こうから一斉に連絡してきますので待つだけです。

しかしそんな簡単なやり取りだけでは決められないし、任せるほうもなんか心配ですよね?

結局そこから一社ずつ家に来てもらって実際に我が家の状況を把握してから見積りを出してもらうことにしました。

とにかく大事なことは

たくさん見積もりを出すことです。

そしてその見積もりを比較することです。

大手だろうが、小さな引っ越し業者であろうがやってもらうことは一緒です。まずは値段を出してもらいましょう。

そのあとで

「やっぱり大手のほうが安心かな?」

とか

「安いに越したことはないよ」

とか色々と出てくるはずですから。

結局そういうのは個人の価値観ですし、自己満足だったりします。ただ何かトラブルがあった時に後悔はしたくないですけどね。その辺りの見極めがけっこう難しかったりしますが。

何度も言いますが

とにかく見積もりをたくさん出してもらいましょう

業者によっては色々特典つけてくれますよ。

 

あと、これは意外だったのが隠す必要はないということです。A社に見積もりを出してもらっているときにB社にも頼んでますよって伝えることです。

これが見積もりをするときのワンポイントです。

敢えてよそでも見積もり頼んでますって言ってしまいましょう。

引っ越しする我が家の状況

ワタシ

妻さん

娘ちゃん

ドデカ赤ちゃん

四人家族で生活に必要な家具は一通りあります。

断捨離の効果もあって大して荷物ないかな?と思ってましたが引っ越し業者さんの目の付けどころはなかなかでした。

まずエアコン。

うちは賃貸ですが一台は自分で購入したものなので持っていきます。

エアコンは取り外しと取付という作業が必要なので別途料金がかかります。

あと初めて知ったのですが、引っ越し料金は借りるトラックの大きさによるということです。

自分たちである程度運んで少しでも安くならないかな?って考えがよぎるかと思いますが、これも結局トラックの大きさを一回り小さくするためには相当な量を運ぶ必要があります。

だから自分たちで頑張って、、っというのは余程時間とか体力があればって感じですかね?

ダイニングテーブルやソファといった家財はこの際処分してしまおうと思っています。

だから小さなトラックでもいけるかな?と思っているのですが、、

この家族構成でだいたい50箱分くらい。

3トントラック

がオススメだそうです。

ちなみにこれでお値段は98000円

まだ一社目だったということもあって、向こうも値段頑張りますと言ってくれました。最初から比較されるのは分かってますからね、値引き前提での価格でしょうか。

これから見積りを出してもらって比較して検討したいと思ってます。

あ、あと何事もそうですが早め早めです。

今回の見積りでも言ってましたが、早く予約してくれればトラックの空き状況によっては値下げ対象になる可能性があったりします。

また12月3週目以降は年内に越したいって人が増えることもあり値下げしにくくなるそうなので気をつけましょう!