初めての在宅ワーク。メリットとデメリット。上手な導入の仕方は??

まさか世の中がこんなことになるなんて誰も思ってなかったんじゃないでしょうか?

連日海外から届くニュースは地獄絵図のような状況で

刻一刻と酷くなっていく気がします。

それに比べると日本は少し穏やかというか、呑気というか…国の方針もなんだかあってないようなもので…そしてそのふわっとした対策の余波が我が家に直撃しました。

ええ、在宅ワークをすることになったのです。

望んでないのに在宅勤務をすることになってしまった人たちへ捧ぐ。。

初めての在宅勤務。メリットデメリットをあげてみた。

先に結論から申し上げます。

全然できなくはない。

これが率直な感想ではないでしょうか。

業種や業務内容によるところが大きいとは思いますが、突然在宅ワークをすることになってしまった人が最初に抱く感想はコレじゃないでしょうかね。

全然できない…訳でもないし

でも、すごい捗るか?と言われるとちょっと違う。

今日は初めてテレワークをしてみたワタシの素直な感想を。

メリット

・通勤時間がない。

・急な雑務を振られないので自分の仕事に集中できる。

・自分好みの環境で仕事ができる。

・ちょっとした休憩が好きなタイミングでとれる。

デメリット

・3歳時がいるとハードルが上がる。

・緊張感がなくなる。

・家事と仕事の境界線の狭間で葛藤する。

メリットから説明するとまずいちばん大きいのが通勤。

往復で2時間以上無駄にしていると思うと改めてゾッとしますね。

それにこの通勤がいかに体力を奪っていたのかも実感します。

そして2番目の雑務。特にワタシのような下っ端会社員は毎日予想していない雑用やら急務を振られて成り立っています。

そのため自分の仕事まで全然追いつかないんですよね。

しかしテレワークをするとそういったモノが降ってこないので、これまで溜まっていた仕事が一気に片付きました。

自分好みの環境って言うのは単純に、自宅の落ち着くスペースで好きな音楽かけて仕事ができるので集中力の矛先を持っていきやすくなります。会社じゃそうはいきませんからね。

さらに続けて言うと好きなタイミングでコーヒー飲んだりつまみ食いしたり出来ます。

さて、一方でデメリットも痛感しました。

むしろ今回デメリットのほうが強く感じるところがありました。

なんといっても3歳の息子。

これがワタシとPCの間に入ってきて全力でかまってちゃんになります。

そのためメール1通返すのに10分近くかかります。。

在宅ワーク最大の難敵ですね。

また子供が近くでチョロチョロするもんだからどうしても緊張感がない…

自分にも甘くなってしまうし、電話が鳴るたびに隣の部屋に移ったりしなきゃいけないのでいつものようなパフォーマンスはできません。

また出勤してれば身の回りのことなんて意識すらしませんが、家にいる以上子供の世話が待っています。

お昼だっていつものように好きな物をさくっと食べて済ませるっていうのも出来ません。

子供の分も用意して食べさせて、片付けて。

在宅勤務という扱いなので基本的には仕事優先でなければならないのですが、実際家のことにも直面するとこっちもやらなければと思ってしまう。。この葛藤に悩みます。。

在宅ワークを少しでも充実させるために大事なこと。

そこまで回数重ねたわけじゃないですが

在宅ワーク、これをうまくやるコツは【身支度】じゃないかと感じています。

はっきり言ってだらけようと思えばとことん出来ちゃいます。

だからこそ自分を律するためにもいつもと同じように起きていつもと同じように支度することです。

少なくともそうすることで身体は休みモードにはならなくなります。

人によってそういうポイントがいくつかあると思いますが、ワタシはとりあえず支度をするということでした。

今の時代、PCとスマホがあればとりあえず何とかなりますからね。

会社にいたって使っている機材は同じなわけですから。

在宅ワーク、意外といけるんじゃなかろうか。

実際にやってみて

通勤がないっていうのは本当幸せだなーとしみじみ。

これだけは賛成。

 

 

在宅勤務が会社を救う: 社員が元気に働く企業の新戦略

新品価格
¥1,650から
(2020/3/24 17:09時点)