ゼロキューブの住み心地は?入居して1カ月目、気になること5つ。

2017-07-30

ゼロキューブ、果たしてその住み心地は?

ゼロキューブで理想の我が家を建て

そして年末の超忙しい中引っ越してきました。

入居して1カ月、その住み心地はいかに?

今密かな話題となっているローコスト住宅。(ワタシだけか?)そのローコスト住宅の中でもシンプルさと外観の美しさでお気に入りのゼロキューブ。

ワタシは一目見てゼロキューブで理想の家を建てたいと思いました。

色々ありましたが無事完成し、入居して1カ月が経ちます。

果たして理想の家の住み心地は?

 disk-zero-cube/disk

ゼロキューブ入居して1カ月の住み心地

何事もそうですが【理想と現実】は常に差があるものです。特に理想が高ければ高いほど現実とのギャップに直面することになります。

理想の我が家、どうだったのでしょう?

本当は内覧会のように各部屋や空間を写真撮って紹介したかったのですが、まだどの部屋も完成していないという事態…

残念ながらご紹介はまだまだ先になりそうです。

では1カ月レビュー、始めます。

ゼロキューブ 良し悪しポイント

1 寒い

この冬が格段に寒いということもありますが、本当に寒いです。

芯から冷えるという体験を初めて味わいました。

一戸建てということもあるのでしょうが、この寒さゼロキューブならではの寒さかと思います。

それは

吹き抜け

モデルハウスを初めて訪れた時のあの開放感。陽当たりの良い空間。一目惚れしたのがこの吹き抜けだったのですが、この冬は完全にワタシ家族を襲う吹き抜けとなりました。

見た目も素晴らしいんです。

鉄骨階段もお気に入りです。

階段下のワタシの作業スペースもお気に入りなんです。

しかしこの吹き抜けからやってくる冷気でみんなリビングの奥に固まってます。

広い空間にちゃぶ台囲む家族…笑

この寒さは本当に想像以上でした。

吹き抜けを遮断するためにロールカーテン作戦なる計画が現在夫婦の間で行われております。

2 収納が足りない

ゼロキューブという企画住宅に、ワタシはあれこれと注文をつけほとんど完全注文のような感じになった我が家。

開放感、シンプルさ、そういったものを追求した結果肝心の収納が足りないという事態に直面しました。特に困ったのが一階のリビングダイニング。

通常ゼロキューブだと階段下に収納を設けているのでそこに突っ込むことが出来るのですが、ワタシの場合はそこを潰して自分の作業空間を作ってしまいました。

なので余計に収納が足りないんですよね。

それを補うために二階の廊下にクローゼットを追加で作りましたが‥

結局一階の収納は一階にないと不便だということが分かりました。

棚を造作してもらっても収納はやはりちゃんと扉があってそこにどかんと入れ込めるのが一番使いやすいんですね。。

急な来客時なんかにそういうの無いのが非常に困っています。。

3 電気スイッチのチグハグさ

我が家の電気スイッチは【アメリカンスイッチ】を導入しています。トグルスイッチでなかなか見た目はカッコイイです。

見た目は‥

この見た目にこだわるあまり肝心の使いやすさについてちゃんと考えてこなかったのが痛恨の極み‥

普段オン・オフするのには微妙に遠かったり、近い場所に何箇所もスイッチがあってどれがどれか今だに良く分からなかったり‥

ちゃんと生活することを想定していなかった反省点がここにも詰まってますね。

ほんと見た目はカッコイイんですけどね。

4 洗濯物問題

妻さんが特に気にしていた洗濯物問題。やはり問題はあります。

特にゼロキューブは標準のままだと真四角な状態ですのでバルコニーもないんです。どんなに外が晴天だろうと家の中で洗濯したものを干すか、庭に干すかということになります。

妻さんがそれをとても気にしていて、結局バルコニー部分を作ってちゃんと外で干せるように変更しました。

そこまでは良かったのですが問題は洗濯物を取り込んだ時や、雨の時

家の中でとりあえず洗濯物をかける場所がないんです。。

お風呂に乾燥機をオプションしてつけてもらったのでそこに逃がすか、もしくはカーテンレールにかけるか自慢の鉄骨階段に無造作にかけるか‥‥

今はまだ良いのですが梅雨までに何か策を練らないと大変なことになりそうです。

5 鉄骨階段

先程ちらっと出た鉄骨階段。

これオプションで結構良いお値段するんですよね。ゼロキューブのモデルルームに見学行ってすごい憧れた鉄骨階段。結局この最初に観たイメージが強く焼き付いてしまって我が家は鉄骨階段を採用しました。

しかしこれ

子どもたちにとっては絶好の遊び場

特に娘の友達たちやその妹弟たちはもう興味津々です。

遊びたい盛りの子どもたちにとってはアスレチックのようなもんですから、非常に危険。。

現在赤ちゃんうちの第二子が歩き出したら何か策を練らないと‥‥柵が必要か‥

見た目は充分過ぎるほど満足しております。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

ゼロキューブに実際に住んでみて一ヶ月

気になる点を5つにまとめて紹介してみました。

全体を通して思っていることは、見た目はかなり満足しているものの実際に生活を送ってみて不便さを感じることがある、ということでしょうかね。

まだ家具は全然揃ってないし応急処置的な感じで取り敢えず暮らしています。

ここから家具が決まって自分たちの生活感がもっと出てきて

そしたらもっと良くなる気がしています。

とりあえず

早く暖かくなって欲しい。。

 

ゼロキューブ関連のおすすめ記事


1000万円で建てる上質住宅

中古価格
¥633から
(2017/1/26 23:56時点)