ゼロキューブ?ワンズキューボ??なんだか似たようなものが増えてきたな。

最近ふと見た広告になんか見覚えのある看板

ゼロキューブもほんと有名になったなー

なんてちょっとした優越感に浸っていたんですが、なんか引っかかる。

なんだろうこの違和感

似て非なるもの

なんだろうこの気持ち。

あ、これゼロキューブじゃない

ワンズキューボだ。

 

……ってワンズキューボって何よ??

ゼロキューブによく似たワンズキューボって何?ゼロキューブと比較してみました。

長期優良住宅仕様の高性能な家が1500万円で実現。

この見出しの下にゼロキューブらしさマックスの四角い家の写真

確かゼロキューブのときは1000万円で建てる家っぽいことが書いてありましたが微妙に高い。

安心の耐震性能にシンプルで洗練されたデザイン性をプラス。さらに、将来の間取り変更やリフォームにも柔軟に対応可能。

そして続くこの魅力的な文言。

ゼロキューブの進化版かな?と単純に思えます。

グッドデザイン賞受賞ともありますし。

ワンズキューボの特徴

独自の設計手法と JWOOD工法を活用して、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を最大約6m(壁心寸法)まで広げることができるため、木造軸組構造では困難とされていた「大空間」を実現することができます。

また、 JWOOD LVLの高い強度はワイドビューを楽しめる広いウッドデッキと全開口のサッシの設置も可能にし、屋外との一体感を感じていただけます。HPより引用

さらに耐震や劣化に対する基準も高水準。

無垢材の選択も可能のようで、これは明らかにゼロキューブの進化版かな?という印象です。

しかもゼロキューブよりも間取りや仕様については色々といじれそうです。。

こりゃ我らがゼロキューブ、後発組に完全に負かされる?!と勝手に焦って調べたわけです。

しかしこれ、ゼロキューブ内の新しい規格に過ぎないのか

それともまったく異なる規格なのか??

…謎は深まるばかりです。

こんな書き方になりましたが、別にどれが悪いとかじゃないと思います。

最終的に理想の家を建てることが目的であるでしょうし

そこに近づけるために予算や規格っていうのがどうしても発生しますからね。

正直ワタシもこれを知っていたら更に迷っていたこと間違いなし。

無垢、憧れますね。

perfect-zerocube2

でぃすけのつぶやき

最近はほんとたくさん似たようなものがたくさん出てきています。

実際ゼロキューブグループ内でも新しいシリーズがたくさん出てきており、ちょっと羨ましい気持ちもありますが。

おしゃれでシンプル、低価格

うちはゼロキューブで建ててよかったなと思っています。

入居してからもう3年

あっという間に過ぎましたがこれまでにDIYで細かいアレンジを続け、家具を配置しウッドデッキを作り

まだまだ完成していない我が家

うちのコンセントはこれですから

家族と一緒に成長していく家

これからも成長していく姿を綴っていきますので宜しくお願いします。

 

年収400万円で建てる都心の注文住宅 [ 奧本健二 ]

価格:1,430円
(2019/12/1 06:08時点)
感想(0件)