完全ワイヤレスイヤホンSoundPEATS(サウンドピーツ)のTrueFree体験談、率直な感想を書こうと思う。

結局、これは使えるのか?どうなんだろう?

最近家電量販店でも特設コーナーが増えてきた気がする完全ワイヤレスイヤホン

確かにコードが邪魔だなーって思う瞬間は多々あるし、実際最近のiPhoneからはイヤホンジャックがなくなっているわけで、時代はいよいよワイヤレスイヤホンなんだなーって感じがしますよね。

要はBluetoothで接続して使えるイヤホンってことでそりゃコードがないんだからかなりストレスは減るんだろうなーって思うんです

しかし実際に使ってみようって思うとこれがまた調べるとまだまだ高いし、ちょっと試そうっていう金額じゃないケースも多くて…で、買ってみて使えなかったっていうのも癪ですよね?

そう思っているうちにどんどん時間が過ぎていき、今だに購入に踏み切っていない自分がおります。

しかし

しかしです、最近知ったんですがそのちょっと試そうっていうのに丁度良い機種が存在したんですよ。

それが

SoundPEATS(サウンドピーツ)のTrueFree

どうやら色々と絶賛されている本機種を、ワタシもお試し感覚で挑戦してみました。

truefree-review-top

Amazonでのレビューでもコスパ最高との声多し!SoundPEATS(サウンドピーツ)のTrueFreeを試してみた体験談。

まずこのSoundPEATSっていうメーカー、ブランド?って知ってましたか?

ワタシは全然このブランドのことを知らなくて、Amazonのセールでウロウロ眺めていたら出会ったって感じです。中国の会社のようですね。

Amazonのレビューを始め、数々のレビューや体験を綴ったブログなどを読み漁り、そんなに悪くない製品なのかな?と思い試してみようと決意したのでした。

それにどういうわけか割引クーポンが発行されていてかなり安かった。(これは時々行なわれるキャンペーンのようですね)

では早速開封していきましょう。

SoundPEATS(サウンドピーツ)のTrueFreeレビュー

truefree-review1

開けてみるとどうでしょう。

蓋がないデザインはあらかじめ知ってはいたのですがやはりちょっと気になるような…

ただ思った以上にマグネットが強力なのでカバンの中に無造作に入れても全然外れないと思います。むしろ使おうと思ってイヤホンを取ろうと思ってもなかなか取れない屈強さを兼ね備えてます。。

イヤホンとケース

接続するケーブル(microUSB)

各サイズのイヤーピースと説明書

truefree-review2

TrueFreeの設定方法

まずは充電。

本体ケースにUSBで充電をしましょう。

Bluetooth機器の扱いが初めてだって人じゃなきゃ感覚的に使い方は分かると思いますが、接続は至ってシンプルです。

充電ケースから取り出すとイヤホンが自動でパワーオンになります。気をつけたいのはまずは右側のイヤホンだけ出します。そしてそのままペアリング待機中になります。(これは初回のみ)

そしてスマホ、ワタシの場合はiPhoneですが設定画面からBluetooth接続画面に進むと“SoundPEATS TrueFree-R”と出てるのでそれを選択。

それから左側イヤホンを取り出して完了です。

ただ、この機種の場合一点悩むポイントがあります。それが

両耳モード、片耳モードっていうのがある。

一応片耳モードのペアリングの手順も書いておきますね。

先程書いた手順は両耳モード。片耳で使いたい場合は初回に取り出すイヤホンは右でも左でも構いません。そしてBluetooth接続画面を立ち上げ、接続先リストより“SoundPEATS TrueFree-R”もしくは“SoundPEATS TrueFree-L”を選択するだけです。

これで左右好きな方のイヤホンで接続が可能となります。

ちなみに二回目以降はスマートフォンのBluetooth接続をオンにした状態でイヤホンを充電ケースから取り出すだけペアリングが完了します。ケースから出すだけで自動的に接続されるのでそんな面倒ではありません。

 

実際にSoundPEATS TrueFreeを体験してみた。

さて、実際に使ってみてどうだったか?

まずは装着時の感想

おそらく

久しぶりのカナル型イヤホンということだとは思うんですが、若干違和感がなくもない。。

とにかく装着してても落ちてこないかヒヤヒヤし、気になってしまいなかなか最初はうまく馴染みません。(実際付け方が微妙だったのか何度か外れてしまいました…)

他のレビューを見てみるとそこまで気にしている人がいないのでこれはワタシの個人的な耳の構造の問題なのかもしれませんが。。

ただコードがないっていうのは本当に素晴らしい世界です。

毎回ポケットから伸びたコードに腕を引っ掛けたり、電車内で知らない人のバッグに絡まったりとかない世界。これは本当に素晴らしい。何度も言いますが、ワイヤレスはほんとストレスがなくなります。

次に音質の感想。

これでも一応音楽制作なんかを趣味とは言え続けてきているので、多少音にはこだわりがあります。一般的なレビューではこのSoundPEATS TrueFreeは音質うんぬんよりも音量が物足りないという声が多いみたいですね。

では実際、音量以外でしっかり聴いてみた感想を書きますね。

意外と悪くない。ただ、素晴らしく良くもない。

っていうのが最初に感じた正直な感想です。

値段が値段だったのでもっと酷いかと予想していましたが、実際そこまで酷いものではありませんでした。特に中音域はちゃんと鳴っています。

ただやはり値段相応と言いますか、高音域は軽く、低音はかなり弱いので簡単に言うと

すっからかん。

なのでテクノ系、打ち込みビートなどを聴くと物足りないかも。

生バンドやクラシックなどは意外と聴けるかな??

…とあくまで個人的な感想ですがワタシはそう思いました。

でぃすけのつぶやき/あとがきに変えて。

これ、実はバッテリー問題を抱えたiPhone6でも繋いでみたんです。

するとどうでしょう。

まったく使えませんでした。

多分もう限界に近かった古いiPhoneだったので仕方ないことだったんでしょうが、スーツの胸ポケットより離れてしまうと接続が不安定。電車の中でも突然接続が切れてiPhoneから直接音楽が鳴ってしまったり…(聖飢魔IIかけてなくて良かった苦笑)

なのでちょっと古いiPhoneで使おうと思っている人はちょっと注意が必要かもしれません。

でも、やっぱり完全ワイヤレスイヤホンは日常生活を変えます。

ちょっとした革命です。

このSoundPEATS(サウンドピーツ)のTrueFreeはそんな革命を気軽に体験できる良い機会だと思います。

なんと言ってもこの価格。

音質なんて気にし始めたらキリがありませんし、手始めに試してみるんだったらちょうど良いんじゃないでしょうか?

結局今じゃこれなしでは過ごせないくらい毎日愛用してます。

 

SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 20時間連続再生 自動ペアリング 左右独立型 マイク内蔵 両耳通話 防水 小型 軽量 TWS ブルートゥース ヘッドホン トゥルーワイヤレス ヘッドセット [メーカー1年保証] ブラック

新品価格
¥3,980から
(2019/1/12 16:22時点)