ゼロキューブに和室って必要?っていうか家に和室って必要ですか?

和室ってありますか?

これから家を建てるって人、もしくは建てたばかりでインテリアや模様替えに迷った人、とりあえず【ゼロキューブ】に興味があるって人が割と多く立ち寄ってくれております当ブログ。

今日のテーマは【和室】でございます。

我が家は理想の家をゼロキューブで建てようっていうテーマで日々模索しております。

そんなうちには和室があります。

一応客間っていう位置づけで作ったんですが毎日寝室がわりに使用中で、ほんと割と便利だなと実感してます。

これは和室じゃなくても言えるんでしょうけど、和室特有のあのゴロンと横になったときの脱力感みたいなのは心地よかったりします。

ということで今日は和室について、その必要性からおすすめポイント、もちろんデメリットもお伝えしこれから家を建てるんだけど和室いるか迷ってるって人の参考になれば幸いです。

ではいらっしゃいませ。

住居に和室は必要か?最近の住宅事情から見る和室の変化

最近は和室がないお宅っていうのが増えているようですね。ワタシの実家も和室はなかったですし、家探し中は何十軒っと見て回った建売物件たちにも和室を設けている家は割合として少なかったように思えます。

しかしこれはあくまでワタシの実感。

実はデータで見るとじわりじわりと増加傾向にあるようです。

和室・畳コーナーのある間取りの割合は、2009年:62%、2014年:63%、2015年:68%、2016年:71%と増加傾向であることが分かりました。近年のマンションの間取りでは和室、畳コーナー共にほとんど見かけることがなくなりましたが、新築戸建を建てる人はできれば和室、畳コーナーがほしいという傾向にあるようです。 2017年住宅傾向調査より

おそらくここにいらっしゃったということは少なくとも【和室いるかな?】って悩みだしたからだと思います。

わかります。

最近はしっかりとした本格的な和室ではなくて、部屋のコーナーなどワンポイントに畳を用いた和室コーナーみたいな使い方が主流で、それが割とおしゃれなんですよね。

japanese-room

どれもおしゃれ。

リビングにこうしたくつろぐ空間があると癒やされますよね。

これはワタシたちのライフスタイルが変化し、かつては客間として機能していた和室が今はリビングのアクセント、ちょっとゴロンと寝転ぶとか、子どもを遊ばせておくスペースとして求められるようになったからだそうです。

本格的な和室に抵抗がある人もこれならおしゃれに活用できそうだと心揺らぐことでしょう。

ちゃんとおしゃれな和室が作れるゼロキューブ。実際に和室を作った我が家のメリット・デメリット。

では本題に入りましょう。

我がゼロキューブはちょっといびつな形をしております。

これはもともと妻さんが2階にちゃんとバルコニーを作り、洗濯物を干したいという要望が元になっています。

ゼロキューブは標準だとベランダがありません。なので必然的に洗濯物は室内に干すようになります。ですのでもしちゃんとしたベランダが欲しいという人は違うプランである+BOXや屋上が使えるSKYBalconyのような仕様を選ぶことになります。

ただ容易にそうしますと言えないのもまあ一理ありまして。

予算とか…予算とか…土地の大きさとか…

で、無理を言って設計してもらったので我が家はプチ+BOX。6帖ない一部屋を玄関入ってすぐに作り、その部分がそのまま2階のベランダとして使えるようになりました。(これはこれで動線が一つ消えたり、玄関収納が減ったりとデメリットもありましたが…)

zero-madori1

※玄関入ってすぐ右手にあるのが和室です。

 

そう、そしてこの一部屋追加した部屋こそが、我が家の和室です。

我が家の和室。メリット・デメリットは?

もともとはベランダありきで生まれた我が家の和室。

最初は客間程度に使えれば良いね、なんて思っていたんですけど実際あると結構活躍してくれています。

例えば子供たちが飛んだり跳ねたり遊ぶのにちょうど良い空間だったりします。いつも道場のようにバタバタしてます。。

まず和室のデメリットとして上げられるのが畳に気を使うという点。

畳を使う以上は畳替えは必要だし、掃除機かけるときなんかもガリってやっちゃいそうで慎重になるし、普段使ってる家具をそのまま置くのも気が引ける…

フローリングに慣れてしまった現代人にとってはちょっと気を使うっていうのはデメリットの一つですかね。

ただね

やっぱ大人でもそうだと思うんですけど畳の上ってゴロゴロすると気持ちいいもんです。

そしてなんといっても

普通に寝室として使える。

ということ。

子供が小さいうちはベッドで寝かしてると寝相が悪くて落下…なんてこともよくあることで。

なのでうちは客間というより寝室として使ってます。日常使いです。

上の子が熱出したりしたら隔離部屋として機能することも…

一つこういう部屋があるとほんと助かりますね。

そして何より

落ち着く。

こういう日本的感性を残したいなって

心を落ち着かせる空間としてあると嬉しいなっていう感覚こそが最大のメリットではないですかね。

でぃすけのつぶやき

畳の匂い

ゴロゴロして夕闇を感じると、そこにはなんだかノスタルジックで感傷的な気分に浸れます。

子供のころ祖母の家に一人で泊まりに行って

最初は興奮していろいろ遊ぶんだけどやっぱりやることなくなって

なんとなく畳の上でゴロゴロしたあの瞬間にタイムスリップしたかのような

和室の雰囲気が忘れかけてた記憶を思い出させてくれます。

最近の住宅事情からライフスタイルの変化によって和室の存在意義みたいなのも変わってきましたが

やっぱり最後はここ。

この原風景的な感覚の心地よさ

これじゃないですかね。

 

 

和の背景カタログ 和室・日本家屋

新品価格
¥2,376から
(2019/7/20 05:04時点)