おさるのジョージに出てくる黄色い帽子のおじさんが教えてくれたこと。

子育ては難しい。

そんな分かりきったことを敢えてもう一度言う必要もないのですが

やっぱり難しい。。

そんなある日、テレビの向こう側でとんでもない男の存在を知ったのです。

巷に溢れる子育て術なんて所詮は頭でっかちの理論にしか過ぎません。

うちの子もある時期学校に行けなくなったり色々あって

情報収集したりあれこれやったけど結局時間が解決してくれました。

作曲理論を学んだからと言って名曲が生み出せないのと同じ。

その男はあるアニメに登場するキャラクターなのですが

これこそ子育ての神として崇め、奉るべき存在。

すべての子育てに悩む人にこのアニメ、一度観て欲しい。

Curious George-top

『おさるのジョージ』に出てくる黄色い帽子のおじさんから学ぶ究極の子育て術

♪知らないことたくさんあるよね〜(あるよね!)

毎週土曜日の朝、子供と妻さんが大声で歌っているのでいつもなんとなく眺めてしまうこのアニメ。

おさるのジョージ

毎回毎回おさるのジョージがトラブルを解決したり、トラブルの元になったりしながらも

ほのぼのとした雰囲気で日常を描いておりますが

この作品に出てくる黄色い帽子のおじさんなる存在

彼こそが本日の主役

そもそも一体何者なのか?

毎回観ていてもその素性は明かされない。何せ名前すらわからないのですから。

黄色い帽子のおじさんの正体は…?

とにかく結構長いことこの作品を鑑賞してきていますが

彼の素性は一切謎です。

ワタシが知っていることは

・高級ホテル住まい

・黄色いスポーツカーを乗り回す

・博物館?的な仕事を引き受けることが多い。(発表とかレポートとか)

・旅行によく行く

・仏よりも慈悲深い

この情報だけを観るとまるでスパイ映画に出てきそうですが、多分スパイではないかと思います。

そして今日のテーマはこの一番最後のところに注目してください。

慈悲深い。

おさるのジョージは西遊記の孫悟空以上に無垢で純粋な破壊者です。

いつだってきっかけは善意から生じるものなのですが決まって物語をカオスの中に陥れます。

ある時は水道管を修理しようと何やらガチャガチャやるのですが

水道そのものを破壊し、自宅である高級ホテルの一室は水まみれ。

そこでその水を逃がすためにあれこれ工夫する話があったのですが

事もあろうにその水をリビングからベランダ、そして外へ放水するという計画…

当然すべての部屋が浸水被害を被ることになります。

そこへ帰宅した黄色い帽子のおじさん

びちゃびちゃの自宅を眺め

少し間をおいてから

「ジョージ〜…」

 

(おお!ついに怒るか?!)

 

 

「すこし濡れてしまったけど、すごいじゃないかジョージ〜!」

 

(まじかー……)

ワタシだったら保健所にぶちこむところをこの神対応。

釈迦よりも慈悲深い。

そしてワタシは神に触れた信者の如く開眼するのです。

そう、子育てとは許すことから始まるのだ。と

ただ闇雲に甘やかすのではない。

ちゃんと理由を述べてから許し、そして褒めるのだ。

ワタシは毎週土曜の朝に子育ての極意を見出せるような気がしている。

 

ただ、おさるのジョージは学ばない。

毎度、いろんなことに挑戦しては破壊し騒動を巻き起こす。

そして黄色い帽子のおじさんは許し続ける。

 

NHK おさるのジョージ ジョージ S ぬいぐるみ 座高17cm

新品価格
¥1,090から
(2020/9/22 07:00時点)