iOS14がくれた素晴らしい世界とiPhoneのホーム画面を晒します。

OSのアップデートによりこれまで以上に使いやすく進化したiPhone

これぞ、なのか…ようやくなのか…

先日アップデートされた新しいOS14。

これまでのアップデートに比べ大幅と呼べるほどの変更点が事前に発表されており

個人的にかなり待ち遠しかったので配信と同時に早速使ってみました。

今日はワタシとiPhoneの話を。

新しいiOS14がくれた素晴らしい世界 ワタシとiPhone【最新版】

ワタシの手元にiPhoneがやってきてからもう何年目になるでしょうか。

一番最初の機種はiPhone5でした。

これはワタシにとって初めてのスマホでもあり

デジカメ、ライフログ、ウォークマンとしての機能がワタシの生活を一変させてくれました。

そんなワタシとiPhoneの関係が今回のiOSのアップデートでさらに深い絆を確かめ合うことが出来ました。

やっぱり手放せません。

iOS14へのアップデート方法

まずはここであーだこーだ言う前にOSをアップデートしましょう。

簡単に流れを説明すると

1バックアップ

2「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」

3ダウンロードしてインストール

少し時間がかかる場合もありますが待ちましょう。

※電源を繋いで行いましょう。

あと、アップデートし終わってまず聞かれるのがAppleID

いつもiPhoneの中で管理しているっていう人はちょっと戸惑うと思うので事前にメモっておきましょう。

新しいOSでiPhoneは何ができるの?

OSが変わればそれは新しいiPhoneになったのと同じこと。

早速この新iPhoneで何が出来るのかをまとめました。

1ホーム画面にウィジェットを配置可能

2Apple純正の翻訳機能が搭載

3Appライブラリでアプリの管理が便利に

4App Clipsでインストールしないでもアプリが使える

5電話など呼び出し通知がスマートに

6車の鍵かわりに使える

などなど、他にもあるのですが代表的なものを羅列しました。

この中でもっとも大きな目立つのはやはり1のホーム画面の変更でしょうか。

iPhoneのホーム画面晒します。iOS14

いままでAndroid端末にしか出来なかった機能がやっとiPhoneにも導入されました。

それがこれ。

ホーム画面のカスタマイズ

これまで頑なにiPhoneはホーム画面のカスタマイズは行なえない仕様でした。

アプリの配列など、いじりたければその場しのぎのちょっとした工夫を施すか、いっそ脱獄するかってレベルでした。

それがようやくホーム画面をより自分好みに扱えるようになったのです。

これは個人的にかなり大きな衝撃です。

OSが新しくなったのでiPhoneのホーム画面を晒します。

ウィジェット機能を使ってカレンダーを上部に表示。

もう1面にはウィジェットだけでヘルスケアとリマインダーを。

だいたい左手で持つことが多いので各アプリ左側に集約。

iPhone11Proを片手で扱うためにこんな配置で毎日酷使しています。

このウィジェットの追加・設定ですが

アプリの長押しからホーム画面の編集

上部に出てくる【+】を押すとウィジェットの設定が可能です。

 

ウィジェットに対応しているアプリでないともちろん使えないわけですが

きっとこれから充実してくることでしょう。

とりあえず今ワタシが活用しているのがカレンダー。

今日の予定と一ヶ月のカレンダーが常に表示できるので便利です。

実際に使っているアプリについてはまた今後機会があれば紹介していこうと思います。

生活に対応する、っていうのが重要で

特にこういうライフスタイルに密着しているデバイスについては使っていくたびにワタシたちの生活を劇的に変化させてくれるくらいの驚きが欲しいものです。

今回のOSアップデートは個人的にようやくっていう感じもありますがそこはApple

さすがです。

Mac Fan 2020年11月号

新品価格
¥1,100から
(2020/9/28 23:32時点)