リモワのiPhoneケースをカスタマイズして良い感じに仕上げる。

gadget, iphone, 愛用品

洋服と同じようにiPhoneケースやiPadケースも使い分けています。

TPOに応じて無駄に変えるんです。

思えばアップルウォッチのベルトもそう。

ワタシは機能よりも見た目でガジェットを選ぶ傾向があります。

今日はそんなiPhoneケースの1つを紹介します。

 

リモワのiPhoneケースをカスタマイズしてさらにそれっぽい仕上がりに。

ワタシのiPhoneはちょっと前のiPhone11pro

普段はPITAKAのカーボンケースで過ごしていますが、休日はDIYや子どもと遊ぶことも多いのでより頑丈なケースに付け替えます。

それがこれ。

リモワ(RIMOWA)

皆さんご存知のスーツケースで有名なブランドさんです。

このブランド、とても歴史があって創設はなんと1898年。もう120年くらい続く名門です。

ジェラルミンのスーツケースが有名ですよね。

このスーツケースブランドが実はiPhoneケースを販売しているんです。

ワタシはかつてそんなことも知らずにダイソーで買った似寄りの物で満足していたのですが、本物の存在を知ったら我慢できずに購入。

ただ新品のピカピカの状態はやっぱり落ち着かない。

特にワタシはボロボロのスーツケースのイメージが好きだったのでエイジングします。

RIMOWAのiPhoneケースをお手軽カスタマイズ

ちょっと固い道路にこすってみたりしてまずは使い古した感じを演出。

それだけではやっぱり何か物足りないということで使ったのがこれ。

Amazonで買い物したときに封筒に貼ってあるバーコードのシール

これを貼ると一気に雰囲気出ません?

これまでのiPhoneケースについて

 

RIMOWA リモワ Apple iPhone カバー ケース (アルミニウム, 12/12pro)

新品価格
¥26,300から
(2022/3/21 08:13時点)