早く帰りたくなる家づくり。これぞ後悔しない家の建て方。

早く帰りたい。

残業が続くとふとそう思うこともありますが何も仕事の愚痴ばかりではありません。

ちょっとお出かけ

人との約束

買い物

軽く一杯

ちょっとそこまで

外出全般に対して、ワタシはいつも心の中でこう思っているんです。

 

そう。

 

早く家に帰りたい。

何もふざけているわけではありません。ワタシは気付いたんです。

これはとても幸せなことなんだと。

一つ理想の家を築けたんだと。

早く帰りたい、そう思える家。

これもまた一つの理想郷。

今日はそんな究極のホームシッカーがお送りします。

ゼロキューブ関連のおすすめ記事

perfect-zerocube1

早く帰りたくなる家づくり。これぞこれからの時代の家づくり。

理想の家ってなんでしょうかね?

落ち着ける空間

家族みんなが平和で幸せに暮らせる家

…なんて理想は理想

現実にはせめて庭があれば。車が止められれば。自分の部屋が作れたら。収納が多ければ…などなど。

結局は生活の利便性のみを追求する傾向が強いのだと思います。

いや、それが正解だとは思います。

実際暮らしやすさこそが正義です。

使いやすい家、暮らしやすい家は日常のちょっとしたストレスを減らしてくれます。

毎日のことだから、そのちょっとしたストレスって馬鹿にならないんですよね。

だから利便性にこだわるのは間違ってない。

だけど。

うちはそこまで追求しなかった苦笑

むしろ見た目のカッコよさとか雰囲気とかを重視してしまった感が強いです。。

だからちょっとしたストレスどころか今も後悔を募らせている部分もあります。

だけど。

そんな完璧じゃない家に、一秒でも早く帰りたくなるんです。

雰囲気だらけで未だに完成していない我が家に。

これが、ある意味

ワタシの理想の家。

利便性ばかりを追求しない

ただ、早く帰りたいと

思える家を目指すっていうシンプルな考え方もあるのでは?

perfect-zerocube2

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 2月号 [理想の家のつくり方]

新品価格
¥980から
(2019/6/29 10:42時点)