ウッドデッキのある暮らし。自作デッキでくつろぐテラスをDIY。

ついに完成したウッドデッキ

早くも夏が待ち遠しい。

構想段階から数えると1年以上かけた力作がようやく完成しました。

暑さ・寒さ。

天気のせいにしては中止

予算が決まらないといっては中止。

今日はなんとなく…

自分への言い訳ばかりが先行しやたらと時間がかかりましたがやっと完成。

早速我が家のニュースポットであるウッドデッキを紹介します。

ウッドデッキのある暮らし。庭で自作ウッドデッキをDIY

そもそも庭の芝生の手入れが面倒、、というなんとも出不精な思いつきが発端だった本企画。

しかしいざ考え始めるとなかなかこれが奥深い。

いっそ業者に丸投げして頼んでしまえば良いのでは?と何度も思いました。

木材選び

サイズを測り

足場を固める(芝生の処理と土をならす)

土とコンクリを混ぜて足場を固める際には何度も買い出しにいきました…(コンクリが足りなくなったり、途中で雨が降ってきたり)

ほんと色々ありましたがようやく完成したのです。

ウッドデッキ計画、これまでのお話はこちらからどうぞ

自作ウッドデッキDIY、苦労した点

ウリンという木材を採用したのですがこれがまた硬い。そして重い。。

今回も我が家を購入するときに担当してくれた施工会社の営業さんがつきっきりで手伝ってくれました。

足場となる木材も提供していただき、うちは上の板部分をまとめて購入。

購入したのはリーベプロという木材専門のお店。

長さによっては一般のお宅には配送出来ない可能性もあります、今回うちもそうでした。我がゼロキューブの施工会社さんの協力を得て一度そこに納品。そのあとうちに届けてもらいました。

とにかく重いウリンの木。

とくに困ったのが

ネジが入らない、、ということ。

何を言っているのか理解が難しいかと思いますが、これまさに言葉通り。

ドリルで先に穴を準備してからビスを打ち込んでいくんですけど全然入っていかない。

そもそもドリルの穴あけ作業自体が超大変。

摩擦で煙は出るわドリルは折れるわ、、近所のホームセンターにドリルの替刃だけを買いに2往復するというハプニング付き。。

全力で体重かけて穴あけていくんですけどもう手がパンパン…全部で100箇所以上穴をあけ…

案の定翌日は全身力が入りませんでした。。。。

等間隔で足場を設置したらあとはこの穴あけ作業を地道に続けていきます。

足場は結構雑です。。芝をむしり防草シートを貼りその上に砂とコンクリを混ぜたものを平らにならしていきます。

そして頂いたタイルを並べただけのもの。タイルは足を平らに設置するために並べました。

デッキの高さは窓枠にぴったりはまるようにしました。ほんとうは部屋からそのまま歩いて出ることもイメージして、高さは部屋の床と合わせたかったのですが、シャッターが降りてくるため窓枠に合わせました。

地道にコツコツと穴をあける人

ネジを締める人

二手に分かれ5時間ほどで完成…

でぃすけのつぶやき

自分がイメージしていたもの以上のウッドデッキが完成しました。

毎朝シャッターが上がるたびに目の前に広がるデッキ

決して一人では作ることが出来なかったであろうこのデッキ

いきなりすごい愛着です。

子供と並んで靴を磨いたり

家中のクッションを干したり

今からこんなに活用しちゃって

早くも夏が待ち遠しい。

自作DIYは大変だけど完成したときのこの充実感はすごいものがあります。

よく見ると雑な箇所もあるけどそれもまたご愛嬌

自分たちで作ったというこの感覚こそが大事ですね。

ちなみに今回かかった費用は7万くらい(提供してもらった資材もあったので)

この見栄えと気持ちよさ

プライスレス

 

屋根付きウッドデッキの作り方【電子書籍】

価格:1,509円
(2019/12/15 08:07時点)
感想(0件)