落ち着く家、理想の家、最高のインテリアコーディネート‥とりあえずカッコつけてみませんか?

朝行ってきますと家を出てから帰宅するまで、一日の大半を仕事に費やすワタシは家にいる時間って実はとても短い。

幸い、残業はあまりないので他のサラリーマンと比べればまだ自宅で過ごす時間は長いのかもしれませんが、その分休みが少ないので‥結局短い。

きっと皆さんもそうではないでしょうか?

ただ意識してないだけで、実は家で過ごす時間って短いんです。

だから、せめて家の中くらいカッコつけても良いんじゃないかな?って思うんです。

今日はそんな話。

ゼロキューブ関連のおすすめ記事

zerocube-life-2018

家の中くらいカッコつけて、自宅で過ごす時間を最高の物にしよう。

 

朝出勤前にポツポツと自分の作業をする時間

そして帰宅してビール飲んでダラダラする時間

あとは寝てしまう‥

ということで実は家で過ごす時間がとても短いということに気が付きました。

せっかくゼロキューブで家を建て、日々過ごしやすいようにとあれこれ模索しているというのに、肝心の過ごす時間が少ないとは、これ盲点。

じゃあどうしようか?って考えると、一つはもっと働く時間を少なくする。家で過ごす時間を増やすっていう直接的な解決法を探ってみるんですがこれ現実的じゃないですよね?

仕方ない、仕事変えるか?って話になりますし、家にいたいから転職っていうのは良い年したおっさんが言うにはちょっと違う意味で迫力ありすぎ‥これじゃ小学生の娘ちゃんと発想変わりませんからね。

こうなると方法は一つ

家にいる時間を濃くするしかない

酔っぱらってダラダラ過ごすのもそのときは楽しいんですが、結局何も残らない。たまに二日酔いという最悪の残り方をしますしね‥だから飲んでないでもっと充実させるしかありません。

そしてそのときに印象に残るようなカッコ良い空間にいる必要があると思うんです。

大事なことはどれだけ印象に残せるか?過ごす時間を濃くするために。

例えばちょっと良いホテルに泊まったときとか、家族で旅館に泊まったときのことって妙にリアルに思い出せることがあります。

どちらも家族で過ごしているのでいつもと大差ない会話や行動なはずなのに。

これはきっと空間が違うからだと思うんです。

きっと普段と違う場所や空間って人は印象に残るんだなと。特にワタシはその傾向が強くて、変なことをとてもリアルに思い出すことがあるんです。これはまさに印象としてその場面をそのまま再現させることができるからだと思ってます。

これをそのまま自宅でもやれば良いんじゃないか?という単純発想でここまで書き進めてきちゃいました。

つまり自宅だってカッコつければ、毎日が印象に残るんじゃないか?と。

自宅だってカッコつければ最高の空間になるはずなんですよ。

雑誌やインスタの向こう側だけの話じゃなくて、自分の部屋だって自分なりに最高を目指せば良いんですよ。

zerocube-life-2018-2

恥ずかしがらずにカッコつけよう!簡単なインテリアコーディネート方法は?

印象的な空間

理想的な部屋

落ち着く家

人それぞれ、思い思いの部屋づくりがあると思います。

いきなりベストを追求するのは難しいかもしれません。だから自分なりにカッコつけるってことが最初の一歩としては良いのかな?って思います。

最後にワタシが簡単にカッコつける方法を伝授しておきましょう。

それが果たしてカッコ良いかどうかはくれぐれも自己責任となりますが。

誰でも簡単にカッコつける方法、インテリアコーディネート術、それは‥

 

好きなモノを並べる

飾る

以上。

これだけです。

最初の一歩としてこれ以上のスタートはありません。

ワタシは先日壁に愛用のギターをかけました。

とにかくやってみたら良いんです。自分が良いなと思うことを。それがカッコつける最初の一歩です。

ほら?思春期の頃ってなんかチグハグな格好してても平気な顔して外歩けたじゃないですか?自分が良いって思うことを突き進む。それがカッコつけるってことだと思います。

最近カッコつけて生きてますか?

せめて自宅くらい、カッコつけても良いと思いますよ。

 

いつまでも美しく暮らす住まいのルール (エクスナレッジムック)

新品価格
¥1,728から
(2018/8/22 06:13時点)