鑑賞後にすごい前向きになれる映画『イエスマン』人生変えるのって意外と簡単かも。

ひょっとしたらなんでもかんでもイエスと答えていたら人生は簡単に好転するのかもしれない。

久しぶりに真剣に笑えた映画を観たので感想綴ります。

この鑑賞後の高揚感は心地よいものがあります。

映画や本、音楽の感想はすべてワタシの本棚に収めております。

 

yesman-mov

映画『イエスマン』人生は簡単に変えることができるのかもしれない。ネタバレなしでレビューします

ジムキャリーというとワタシの中では『マスク』よりも『ミスターダマー』。

とにかく表情から全身まですべてがアニメチックなこの御方

ですが、そこに隠されているのは【演技力】なんでしょうね。しっかりとした演技力があるからこそこういうキャラクターがハマる。

本作品もまさにジムキャリーだからこそ成立したのかも。

早速簡単にあらすじから。

この作品の主人公カールは3年前の離婚をひきずっていて無気力な毎日を送っていました。

友人たちからの誘いも理由を並べてはノーと答え、付き合いは最悪。

昇進も友情も壊れかけ、ネガティブで荒んだ日常の中に埋もれていきます。

そんな時破天荒な旧友に強引に誘われて何やら怪しい自己啓発セミナー連れていかれます。

そこのセミナーで

何があってもイエスと答える

という誓いを立ててしまいます。

さあ、何でもノーというのが口癖になっていたカールはどうなってしまうのでしょうか??

『イエスマン』から学ぶ、人生を充実させるコツ。

この映画はただのコメディではないと思うのがワタシの率直な感想です。

ここには人生を充実させるコツが散りばめられているように思えます。

冒頭からかなり詰まらない生活を送っていることがわかりますが、これってすべて自分で選んでいるんですよね。どんな誘いにもどんな話にも「ノー」と断る。

結局、拒否、否定も自分が選んでいるということ。

どんなに小さなことでもそれに乗るのか断るのかは自分次第なんです。

そしてそこから人生は大きく分かれていくんです。

やらなかった自分と、やってみた自分とで。

ここがポイントです。

日頃から何かに付けて断ってきたカールですの日常は退屈極まりないものでしたが

実はそんな日常から抜け出すチャンスは至るところにあったのです。

自分の毎日が詰まらない。退屈だと嘆いているあなた。

自分の日常を思い返してみてください。

小さすぎて気づかないほどの選択に溢れているはずです。

その一つ一つに前向きに答えてみたら、昨日とはまったく違う今日が広がっているかもしれませんよ。

『イエスマン』の見どころ。ここがオススメ

さて、人生を変えられるかもしれないっていうちょっと意識高い系的な目線で書き始めましたが

この作品は映画として、とても楽しめます。

なんと言ってもジムキャリー

この作品はジムキャリーなくして成立しなかったかと思います。

これがベン・スティラーじゃここまで味わい深くならない気がします。(※コメディ俳優「ナイトミュージアム」の主演の方です)

ジムキャリーが時折見せる哀愁みたいなもの。これが大事かなと。

コメディ要素が強くなりすぎるとこの映画、ほんとただのおバカ映画で終わってしまっていたと思います。だけどシリアスなドラマにするには少々パンチが足りない。

だからコミカルにバタバタしながらもイエスと言わされていたことに気付き、最後は自らがイエスを選ぶという成長劇に仕上げたジムキャリーに軍配が上がります。

あとアリシア演じるズーイー・デシャネルが可愛い。

 

でぃすけのつぶやき

実はワタシたちが過ごしている毎日は選択の連続です。

特別なことがない日常だって

無数の選択で出来ています。

それを一つずつ丁寧に選んでみたらいつもと違う明日が待ってるかも?!…しれません。

とりあえず

最初は強制で良いと思うんです。

いつもと敢えて違う方を選ぶ。

これだけでそこには見たこともない景色が広がっているんです。

どんな小さなことでもね。

小さなことの積み重ねですから。

ただ笑えるだけじゃない、前向きになれる本作品

まだ観てない人はぜひ。

 

Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

新品価格
¥4,980から
(2019/9/29 06:36時点)