ともだちよりは幸せになりたい 『女ともだち』を読んで。

2016-07-11

またしても、この後味悪い女王にやられました。

真梨幸子、この作家は危険だ…

真梨幸子、以前ワタシは同作家の『殺人鬼フジコ』シリーズを続けて読み、まるで二日酔いのようなトンデモナイ後味の悪さを長引かせた経験があります。

ヤバいとは分かったいたのですが、近所のブックオフで安く売られていたのでつい手に取ってしまいました。勿論、今回もまた‥‥

殺人鬼フジコの衝動も真実も、とにかく厭な感じです。〈ネタバレなし〉

 

『女ともだち』を読んで/disk

ともだちよりは幸せになりたい女心の怖さ           『女ともだち』を読んで《ネタバレ注意》

最初に言っておくと、今作も期待通りの後味の悪さでした。それは結末だけでなく、中身もドロドロと重く濁ったモノが底なしの沼の中に沈み続けていくような…

あらすじ

同日に同じマンションで、二人の独身キャリアウーマンが殺された。一流企業のOLだった被害者の“裏の顔”とは? 二つの殺人をつなぐ接点とは? 新人ルポライターの楢本野江(ならもとのえ)が辿り着いた真相は、驚くべきものだった……。衝撃の結末が女たちの心の闇をえぐり出す、ドロドロ濃度200%の長編ミステリー。Amazonより

この作品は主人公・楢本野江が衝撃の事件を調査、記事にしながら事件は進んでいきます。

吉崎満紀子・田宮瑤子の二人の被害者の接点は?友人たち、近所の人たちからの証言から次第に真実に近づいてくるのだが‥

読みどころ

とにかく読めば読むほど気分は重たくなってきます。

さすが真梨幸子劇場。

まず被害者の1人吉崎満紀子

これはキャラクター設定が明らかに「東電OL殺人事件」をモチーフに作られています。

過去にワタシは『グロテスク』という作品がきっかけで、この東電の事件に興味を持ちましたがこんなところでまた出会うとは…

この吉崎さんの独身生活が見れば見るほどやるせなくなります。

そしてこの吉崎さんの異常な二面性が今回の連続殺人事件を引き寄せたのだと思いました、最初は。

桐野夏生の『グロテスク』に沈められて。

事件の舞台となるマンション

ブラッディタワー殺人事件

という愛称(?)で世間の注目を浴びたこの事件。

舞台は郊外のマンション

独身女性がマンションを買う

というイメージを更に誇張して描いているのか、それともワタシが勝手に先入観を抱いているのか分かりませんが、とにかく独身女性がマンションを購入するという絵が容易に想像出来ます。

そしてそんな彼女たちの嫉妬入り混じるご近所付き合いもまた然り。

そんな背景をアタマの中で想像すると更に楽しめます。(ワタシもだいぶ悪趣味になってきました…)

ネタバレ注意

物語もだいぶ序盤で容疑者が逮捕され、被害者の吉崎さんのスキャンダラスな二面性が発覚したり、その殺害方法がかなりインパクトあったので世間はお祭り騒ぎとなります。

しかし読み進めても事件の真相へはなかなかたどり着きません。

意図的に何かを隠しながらゆっくりと真相に向かっているような

作中に出てくる主人公楢本のルポがもう一つの語り手として機能していくのですが、この「意図的」ってのがポイントになろうとは…

ワタシははじめ異常な殺され方をした吉崎さんが事件の核で、どちらかというと巻き添えのような形でその死が発覚した田宮瑤子は半ば事件の小道具的な立ち位置かと思っていました。

しかし事件の真相への道の中、終盤にかけてこの瑤子の存在が非常に大きな核だったことを知ります。

もうこの瑤子の生い立ちそのものから今回の事件は繋がっていたのではと思えるほど壮絶な過去

数々の証言から浮き彫りになる被害者たちの顔

ブラッディタワーの住民たち

そして瑤子の「女ともだち」の存在を知ったとき、ワタシはもう本当に

怖っ!

って思いました。。

 

 

恐るべし真梨幸子劇場…

 


女ともだち (講談社文庫)

中古価格
¥1から
(2016/2/5 18:46時点)


 

 


エンターテインメントランキングへ

>