EDC更新。これが最新カバンの中身 モノにこだわることの意味。

ちょっとずつ日々の持ち物の使いやすさを追求していくと

暮らしぶりは穏やかになります。

これはワタシの持論ですが

持ち物はその持ち主を表現する。

人は第一印象がすべて。

それは何も外見に限ったことではありません。

持ち物一つでその人の印象は良くも悪くもなるものですから。

EDC更新!40代男のEVERYDAY CARRY

ちょっと補足。

このEDCってのはEVERYDAY CARRYの略です。

その名の通り、「毎日持ち歩くモノ」という意味で、ワタシは良くこのPinterestやSNSでこのワード検索をしては、人の持ち物を眺めております。

結構多いのがミニマリスト的な紹介。ポケットに入る分だけまとめているのを良く見ますが、ワタシはそこまでミニマリストを目指しているわけではないので、本格的なEDC記事ではないかもしれませんが、今日はワタシもこれをやってみようと思いまして。

ポーチをまとめる。

マトリューシカ的にポーチを一つにまとめています。

一番大きいサイズのポーチはPUEBCOのもの。パラシュート生地を使ったこのブランドらしい味のあるポーチです。

 

中は3種類のポーチ。

薬や文房具、ケーブルなどをまとめています。

ポーチはすべて100円ショップ。ただちょっとかっこつけようとファスナーに引き手をつけてます。(BRIEFING意識)

モビロンバンド、プニュグリップ、あとはiPhone、iPad、MacBook間のデータ移動や保存用にSandiskのiXpandを使ってます。最近はほとんどクラウドでデータ移動させますが念の為。

 

 

ガジェットたち

スマホはiPhone11Pro。ケースはアラミド繊維のDURO。

またこれは日によりますが中古で環境を整えたiPad Proも。

財布は基本的に使いません。

カード類は先程のモビロンバンドでくくっているだけですし、最近はペイペイで支払いを済ませてしまいますので。

と、ここまで書いてから言うのもなんですが

果たしてこれらの持ち物たちが人にどう思われるかなんて、さほど影響はないかもしれませんね。

ただ、自分自身で気に入ったモノやこだわったモノを使うというのが大事なことだと思います。

どうせ毎日持ち歩くなら、愛着のあるアイテムを。

これが日々の暮らしを少しずつでも豊かにすると思うので。

 

ONE BAG LIVING-海外を旅するように暮らすフリーランスのカバンの中身-: ミニマリストが本当に大切にしているモノ

新品価格
¥680から
(2021/4/3 07:01時点)