賃貸では味わえないDIY。好きな場所に棚を設置するぞ。

部屋の壁に棚を作る。

賃貸ではなかなかできなかったことの1つです。

好きな場所に好きなようにカスタマイズできる。

こうやって自分好みの空間を追求していけるというのは、持ち家の魅力の1つです。

最近では壁に傷をつけない便利なグッズや、賃貸でもカスタマイズOKな部屋もあると聞きますが大胆に好きなようにいじれるので今のゼロキューブに満足しています。

賃貸では味わえないDIY。持ち家だからこそ好きな空間を追求できる。

今回は洗面所。

もともと洗面所には棚受けレールを設置してもらっていたので、高さを調節できる棚はあるのですが、違う場所にも1つ棚を作ろうということになりました。

※洗面所の棚。設計段階からここには棚が欲しいと言っていたのですが、いざ棚と棚との間隔が微妙に迷っていたので、完成してから調節出来るレールタイプで設置してもらいました。

これなら好きな高さに調節可能です。

今回はこの場所ではない浴室のドアの隣。

使う木材はホームセンターで購入してきた古材板。

これを壁ピッタリにカットして打ち付けました。もちろん壁は石膏ボードで、しかも片側はやはり柱がないためネジが効きません。今回もお世話になります、【かべピタ】さん。

棚受けはステンレスの物で2つで600円くらい。

板と合わせて1000円ちょっとで棚を作ることができます。板はホームセンターで好みのサイズにカットしてくれます。今回は洗面所のみですが、実はこの板で2つ棚を作りました。

棚を作るときの注意点

費用も時間も手軽にできるのでこの棚はDIYの基本かもしれませんね。好きな位置、高さを決めて壁に設置するだけですから難しい作業もありません。

一応注意点を挙げるとすれば

板を水平に保つ

これです。

できれば二人いると簡単ですが、一人でも片側を止めてしまえば調整しながら問題なくできると思います。

水平器がない場合はiPhoneのコンパスを使いましょう。

iPhoneのホーム画面より【コンパス】→【左にフリック】

これで水平器に早変わりです。ほんと便利ですよね。

あとはこれを板に乗せて水平かどうかを確認したらネジをしめて終了です。

30分ほどで完成です。

 特に迷うこともなければ難しいこともありません。DIY入門としてはちょうど良い作業ですね。

皆さんも良かったら、棚作ってみませんか?

でぃすけのつぶやき

春の陽気を感じれるようになってきて、これまで遠慮がちだったDIY熱が再び再燃してきました。

冬の間気になってたけど仕事が忙しくて手付かずだった箇所をどんどんやっていこうと思います。

天気が良い日のDIYはまた格別です。

では、お気に入りの空間を目指して頑張っていきましょう。

ゼロキューブ関連のおすすめ記事