写真はどう保存したら良いのか?管理方法を見直そう。

2017-10-14

写真管理、記憶整理。

最近また容量がいっぱいです。

iPhoneも、Macbookも、外付けHDDも。

いつの日か容量という問題から解放される気がします。ただ、それがいつなのかというとまったく分かりません。

でも携帯の容量だって、メモリーカードの容量だって飛躍的に進化してきているんだから

そう遠くはないでしょう。

写真管理の方法。

ワタシはこれまでも何度か各デバイスの容量不足という問題にぶつかり、その都度原因となる「写真」を整理してきました。

ワタシのパソコン歴は同時に写真管理の歴史とも言えるでしょう。

日々増え続ける写真をどうにかしたい。

冒頭にも述べたように、きっといつか容量不足という問題のない世界がくるような気がします。クラウドもかなり日常に普及してきましたからね。

でも、きっと容量不足という問題に悩める人にとって、そう遠くない未来に期待する時間的余裕はないかと思います。

今すぐに、どうにかしたいと思っているはずです。そう、ワタシのように。

pic-control/disk

写真管理方法を見直す

まず最初に考えておかなければならないのは「写真」のストックに対して何を求めるか?です。

写真は基本的に思い出の一部としてとりあえず現像、またはCDなどに焼いてどこかに保存しておくバックアップ的なものなのか、それとももっと頻繁に見返したり、細かくアルバムのような形で管理してなるべく流動的に扱いたいのか?

おそらく流動的に扱う場合でも見返す必要がなくなったり、新しい写真が増えてくるに従って最終的にはバックアップ的な保管へと追いやられるでしょう。

なので写真のストック、これを丸ごとバックアップしてきる状態を作ることが前提となるかと思います。

写真のバックアップ方法。

何で記録/撮影するのかで保存方法は異なりますが、一番簡単なバックアップはやはり大容量のハードディスクに一気にコピーしておくことでしょう。

デジカメで撮影し、写真はメモリーカードSDカードに全部入ってるって場合にも、もしそのカード類が破損してしまったらアウトです。

なのでカード類とは別にデータとしてハードディスクにコピーしておくと良いでしょう。

しかも最近はスマホのレンズもかなり良くなってきていて、デジカメを持たずにスマホで写真を撮る機会がどんどん増えています。その分容量もデカくなってきているんですがね‥

色々なデバイスで撮った写真を一つの場所に集めるというのは大事なことです。

あれ?こっちのメモリーカードにはある写真がこっちにはない…

なんてことになると後々探すのに手間がかかります。

そういう意味でも一つハードディスクがあれば

とりあえず写真は全部この中にある

という状態になります。これは精神衛生上にも非常に良いと思います。安心します。

ただこのハードディスクが壊れたら??という不安は消せませんが…

ハードディスクに全ての写真がある

ハードディスクにバックアップがあるから安心だ。

しかしこれでは完全な答えが出たとは言えません。言うなればこれは巨大なアルバムを手に入れ、そこに全ての写真を入れた状態に過ぎません。

これでは見返す時にわざわざこのアルバムを開く必要があります。

幸い今のハードディスクは小型化が進み、持ち歩けなくもないのですが、それでもやっぱりかさばるし、持ち歩くことで紛失や破損といった物理的な心配も生じます。

じゃあもっとこのアルバムを安全かつ身近な存在にすることはできないのか?

そこで思いつくのが「クラウド」です。

もはや一般にだいぶ普及し、よく理解出来ていない人でも使っている場合も多いでしょう。

これは

クラウドサービスとは何か?

このクラウドにアルバムを作ってしまおうということです。そうすればいつでもどこでも全ての写真を見ることができます。

またアルバム自体の物理的な破損の心配もありません。

ネットに繋がるデバイスさえあればいつでも観れるのです。

現在有名なサービスとしてはEvenote、Dropboxなどが挙げられます。

クラウドサービスで怖いのはやはりセキュリティと、そもそもそのサービスがずっと継続して受けられるか?ということに尽きます。

せっかくアルバムを作ったのにクラウドサービスが終了してしまえばそこまで。

このあたりは自己責任と言いますか、ちゃんと各々調べて自分に合ったサービスを選択すると良いでしょう。

特にクラウドサービスは有料・無料と色々ありますし、各種得意なこと、特性が異なりますので。

Evernote – メモ、Web ページ、文書、名刺などをまとめて記憶 App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

 

Dropbox App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

 

disk-EOS

ワタシが採用した管理方法。

ここで今回改めて管理方法を見直したワタシの写真管理方法を書き出しておきます。

まずは外付けハードディスク

この中に全ての写真のバックアップがあるようにしています。

だいたい1週間に一度デジカメ、iPhoneからの写真をパソコンに入れ、それをそのままハードディスクにもコピーを取ります。

そしてワタシもやはり機動力のあるアルバムが欲しいのでクラウドサービスは「Googleフォト」を採用。

Google フォト – たくさんの写真や動画を無料で保管 App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

何と言ってもGoogleというブランド力容量無制限に写真を管理することができる懐の深さ。

極端なことを言えば、これでiPhoneの写真が空になってもGoogleフォトから写真を見ることができるのです。

あとは時系列やイベントごとに写真をアルバム管理していけば検索も楽になると思います……が、まだそこまではいけてませんね。

今日のところはこの辺で。

 

機器の容量不足に悩める方々

潔くハードディスクにバックアップを

そして、恐れずにクラウドを。

 


WD HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN USB3.0/TV録画対応/3年保証

新品価格
¥10,480から
(2016/9/9 18:36時点)


 


iPhone(アイフォン)ランキングへ