なりたい自分になるために。タスク管理、今年も早いうちに見直しておいたほうが良さそうです。

新年一月のうちにタスク管理を整理しておこう

何事も思いついたらやる時だ、が口癖の妻さんの影響でワタシのタスク管理も随分とスピード感あるものになってきましたが、やっぱりこのタスク管理は見直し、整理し、修正していくことも大事です。

そしてそれは

言うまでもなく早く取り掛かったほうが良いのです。

PR

task-todo-2018

今年のタスク管理は早いうちに。1年の計画は一月に取り組むべき。

ワタシは今まで「自分なりのタスク管理」をしてきました。そのおかげでまぁなんとか日々の業務をこなしてきているとこもあるのですが、毎年この時期になると

「で、結局去年はどのくらいタスクを達成したんだろ?」

って振り返るんです。

そしてこう思うんです。

「ちぇ……全然やりたいことやれてないじゃん」

って。

今年はブログも3年目ですし、家も引っ越して1年無事に経ったし、思いっきり挑戦してみようと思っています。

何せ今年のテーマは

【空っぽになるまで解き放つ】なので。

過去記事

本気で色々挑戦したくなったとき、おそらく最大の味方となるのは自分の中の変な自信でも環境でもありません。

それが【ちゃんと計画すること=タスク管理】なのです。

本格的にタスク管理を見直すことになりました。

まず今のワタシのタスク管理環境です。

todoistというアプリを使っています。

基本的なやり方はGTDを模倣しプライベート、仕事で大きく2つに分け、そこから細分化したフォルダーを作って管理しています。

プライベート

 ・室外機を設置

・庭の芝刈り

作業

・ブログ、過去記事修正

と言った具合に。

そしてとりあえず思いついたことを全て放り込むフォルダーを一番上に設置し、毎日そこから各階層にタスクを振り分けています。

だいたいこれでやるべきことは網羅できるのであとはただ、ちゃんとこれを継続していけば良いという環境にあります。

ただ最近これでは自分の目標、夢に到達するための手順が薄いなと思ってきています。

現状はただの備忘録的な使い方に終始しているからです。

2018-moleskine-open4

タスク管理はなりたい自分になるための地図

頭ではわかっていたのですが日々の業務、やるべきことが多すぎてとてもこの管理表から未来を見る余裕なんてありませんでした。

だから今年こそは真剣に【未来を見つめるタスク管理】をしていきます。

まずシステムとしてワタシのタスク管理方法、環境は変えません。(もうコロコロ変更して結局管理することが目的になってしまうことが多々あるので)

環境よりも変えなきゃいけないのは【意識】のほうでしょうね。

立派なシステム、仕組み、高額な GTDツールなどなくても無料のtodoistで充分。

あとはもう少しこのツールを酷使する、使い倒す必要があります。

特に昨年までの反省点としてタスク管理が日々の業務をこなすのに必死になってしまい、未来や成長の部分が欠けていました。

今年は原点に戻って

なりたい自分

未来を描いて

そこに向かって何をやるべきか?

タスクをどう組んでいくのか?

ちゃんとゴールを描いてからスタートしようと思います。これまではそのゴールがあまりに目先にあったのでこなしたタスクに比べて予想以上に進んでなかった苦笑

でぃすけのつぶやき

遠くの未来をガチガチに決めて、将来の夢を語るには少々歳をとり過ぎましたが

それでも自分が今歩いてる道とこうありたい、理想の目標地点とがちゃんと繋がっているかくらいは把握しておきたいものです。

特に歳を重ねてから自分の人生って何だろう?ってそういうミッション的な考え方ができるようになってきたのでここでひとまずタスク管理を再調整しておこうと思います。

何よりまだ一月です。

今年も始まったばかり。

2018年を無駄にしないために。

 

ストレスフリーの整理術(実践編) ひとつ上のGTD 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法 [ デビッド・アレン ]

価格:1,728円
(2018/1/15 23:00時点)
感想(7件)