故障?最新機能?iPhoneの買い替え時でベストなタイミングを考えてみよう。

iPhoneの買い替え時

ベストな買い方はあるのだろうか?

気がつけば毎年発売されてる新型iPhone。

偉大なるジョブズ亡き後も順調に新型は巷に投下されていき、今ではもうiPhoneXなる機種まで登場しています。

「とりあえず新しいの出たからそれ買っとけ」

みたいな流れが今だにありますが、そもそもこんな高額な「携帯電話」を1~2年間隔でホイホイと買い替えることが適切なことなのか?

今日は今年で6年目のiPhoneユーザーであるワタシがのんびりiPhoneの買い替え時について考えを巡らせてみようと思います。

iPhoneの買い替え時、そのベストなタイミングを模索する。

皆さま、どのタイミングでiPhoneを買い替えているんでしょうか?

大抵の人は例の理不尽なキャリアの契約が切れる「2年」ごとに買い替えを検討するんじゃないでしょうか?

かくいうワタシも最初はそうでした。

というか今の日本の携帯契約事情からして、2年以上使うことはかえってデメリットであったりするわけなので、これはもう致し方ないのかなとも思います。(ほんと考えれば考えるほどクエスチョンが頭に浮かんできます)

高額な本体代金を2年間かけて分割で購入する、ここまではまだ理解できます。そして各キャリアこの分割支払い中に本体代に相当するくらいのサービスを提供しますと。

だから今だに携帯電話の本体代金がほんとはパソコン買えそうなくらい高いことに気が付かないまま2年使うことになります。


そして2年後には端末の支払いが終わり、さらに安くなるのかと思いきや先ほど提供されたキャリアからのサービスも終了し、結局2年後も毎月支払う料金は変わらず…下手すると高くなるケースまで出てきて…

という不思議な構造を持つこの携帯電話事情。

どうしたって2年ごとに買い替えたくなりますよね。

しかし果たして本当にこれが適切なんでしょうか?

例えば最新機種iPhoneX。

これ本体代金はなんとSIMフリー256GBで13万。

MacBookが視野に入るくらいの価格です。

「携帯電話は毎日使うけどパソコンはそうじゃないでしょう?高くても良いよ」

こんな意見もあります。

しかしみんないざ買い替え、契約する時になると本体一括で支払うことをせず自ら2年(最近では4年)縛りの契約を結んでしまいます。

やっぱり高いから分割支払いをすることで少しでも「精神的な安心」を持ちたいんでしょうね。

本体を先に用意して自分に合った使用体系でSIMを契約するという選択肢もある中で、何故かキャリアからの2年割なサービスに甘んじてしまう…

やはりしっかりと自分の中で定めておく必要があると思うんです。

なのでここからiPhoneの買い替え時として当てはまるパターンを考えてみました。

こんなときはiPhone買い替え時かもよ?

1 破損している。

画面バッキバキ。

それでも使い続けている人を多く見かけます。液晶破損を直すのにも修理代金がかかるのでためらうのも分かりますが…

もうそんなクラッシュした画面ならばiPhoneにこだわる必要もないのでは?美しいディスプレイも台無しです。

もしくは画面修理と思って買い替えても良いのでは?

2 突然電源が切れる

iPhoneに限らず家電製品にとって突然電源が切れるっていうのは「死ぬこと」と同じです。

例え再起動してまた使えるようになったとしてもそれは儚い命かもしれません。

原因は色々と考えられますがとにかく突然死してデータとともに永遠の眠りにつかれてしまうのは怖いですよね。

電源問題は早めに対処しましょう。

3 OSが対応しない

これもちゃんと検討しなきゃいけない問題です。

今皆さんが使っているiPhoneにはiOSと呼ばれる動作環境を司るシステムが存在します。(だいぶざっくり言いましたが、要は動作システムです)

これのバージョンは日々進化し、アップデートされていきます。

たまにお知らせが来ません?新しいOSにアップデートして下さいって。

しかし使っているiPhoneが古いと最新のOSに対応できなくなります。これでは何か不具合があってもサポートが受けられなくなる可能性が高く、使っていくリスクは計り知れません。

とりあえず今現在のiPhoneとiOS対応環境はこちらに。

  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s

Appleホームページより引用

上記に載っていない機種をお使いの方は‥‥検討する価値ありです。

4 欲しい機能がある

こういう前向きな動機ならすぐにでも替えて良いんじゃないかな?と思いますが

例えば最新機種だと顔認証システムの導入や、おサイフケータイ対応。Suicaの機能をiPhoneに追加することもできるし、カメラの性能も格段にアップしてますからね。

自分にとってこれは必要だっていう機能が登場したんならそれは一つの立派な選択肢だと思います。

ちょっと待って!iPhoneを急いで買い替えなくても良い場合

ここまでは一つの買い換える目安、きっかけを探してみましたがここからは逆の視点。

つまり世間ではそれヤバイよっていわれている場合でも、案外そんなに急がなくても良いケースもあるってことです。

特に最近のiPhoneはCPUも高性能です。

最新機種でなくても全然使えるんですよ。

そしてもう一つ

発熱するっていう良く言われる症状

使っているとめちゃくちゃ熱くなる。

自分の気持ちじゃありません。

iPhone本体が熱くなる症状は数多く報告されています。そもそもiPhone6以降パソコンと変わらないくらいのCPU(頭脳)を持っているのでそれだけ小さな本体の中で複雑なことを処理しているんです。

パソコンは冷却用のファンがあったりしてうまく熱を逃がす用意がありますが、iPhoneはありません。

しかしこれはCPUの進化により、iPhoneがより複雑な処理や高度な作業をしているからに他なりません。

だから熱を持つこと自体は不具合でも故障でもないんです

こういうケースもあるので慌てて世間に流されることのないようにしましょうね。

でぃすけのつぶやき

しかしほんと、最近のiPhoneはとても高いですよね。

これだけ高額な機種を毎回新作に買い替えていたら身が持ちません。

だからこれからはやっぱり自分に合ったっていうのがキーポイントになるでしょうね。

生き方もそう

仕事もそう

モノもそう

扱う自分に見合ったモノを。

これが大切ですね。

って言いながらも最新機種が欲しくて欲しくてたまらないのでした。。

 

 

iPhone SE はじめる&楽しむ 100%入門ガイド (100%ガイド)

新品価格
¥592から
(2018/5/11 21:59時点)