DAISOで売ってる手帳のリフィルを買ってみたので紹介します。

来年の手帳、決まりました?

毎年この時期になると文具店や書店なんかでは来年の手帳コーナーが設けられ

意識しなくともなんとなく

「来年の手帳、どうしようかな?」ってマインドになる季節ですね。

ワタシはこれまでずっとMOLESKINE(モレスキン)ユーザーだったのですが、ここ数年はシステム手帳の便利さと拡張性に魅了されております。

そんなタイミングで見つけたDAISOのリフィル。

こりゃ来年もシステム手帳で決定ですかね。

モレスキンからシステム手帳に変えた理由など、詳しくは下の記事に書いてますので良かったら読んでみて下さい。

DAISOで売ってたリフィルを買ってみた。

システム手帳を使い始めて思ったことは

リフィルの用意に手間がかかるということ。

例えばダイアリーとマンスリーなどを買えばとりあえず手帳として使えるようになるわけですが、自由に書けるスペースが欲しくなったり、やっぱ週間でも管理したいなと思ったり、途中で感じたときに同じシリーズを買いに行くのがちょっと面倒だったりするんですよね。

そんなとき、いつだって出会うのがDAISO

今やそのアイテム数は数え切れないほどあって、本当にどんなものでもあるDAISO

もちろんリフィルも100円です。

ワタシが見つけたのがたまたまこの2種類だったのか、他にもいろんなバリエーションがあるのかは分かりませんが、迷うことなく購入した「罫線メモ」と「月間2021」

DAISOのRIFIL

罫線メモはミシン目が入っていて切り離しが簡単になっているのですが、個人的にはこれはあまり要らなかったかな。ワタシの場合はメモにレシートや雑誌の切り抜きなどを貼り付けることが多いので、一枚が重くなりがちです。

ひょっとしたらいつもの使い方をしてたら勝手にミシン目が切れてしまうかも・・とは思いましたが、そこはまあ個人のさじ加減でしょう。

100円で買ったものに紙質までこだわるほど野暮ではありませんが、普通に使える、ということはしっかりお伝えしておきたいと思います。

でぃすけのつぶやき

しかし本当になんでも売ってるDAISO。

DIYグッズも最近はここで買ってしまうこともしばしば。

驚いたのがメタリックペイント。

アイアンペイントみたいな塗料が売ってたんです。

これについてはまた違う機会に書こうと思います。

DAISO,RIFIL

 

能率 バインデックス 手帳 リフィル 2021年 バイブル マンスリー カレンダータイプ インデックス付 056 (2020年 12月始まり)

新品価格
¥792から
(2020/11/3 07:36時点)